イミダペプチドは疲労回復に効果大!

疲労回復,イミダペプチド

最近テレビでも大きく取り上げられている「イミダペプチド」
消費者庁が認可した疲労回復のための機能性表示食品であるイミダペプチドドリンクもかなり売れているそうです。
さっそく効果を確かめるべく、その成分と副作用などを徹底調査してみました!

 

イミダゾールジペプチド (英:Imidazole dipeptide) は、イミダゾール基を含むアミノ酸が結合したペプチドの総称で、おもにカルノシン(β-alanyl-L-histidine)とアンセリン(β-alanyl-3-methyl-L-histidine)、バレニン(Nα-β-Alanyl-1-methyl-L-histidine)がある[1]。別名、イミダペプチド、イミダゾールペプチドとも。
ヒトの生体内では、乳酸の分解促進、尿酸量の調節、筋pH低下の緩衝作用、またイミダゾール基により活性酸素を抑える抗酸化作用を持つことが報告されている。また、抗酸化作用に伴い抗疲労効果もある。バレニンとカルノシンには認知症予防作用があるとされる。

 

大阪市立大学の研究チームの研究により、その成分には抗疲労効果があることが判明している。実験内容は、イミダペプチド成分を4週間毎日投与後、4時間の自転車こぎ運動を行い、日常生活で起こる肉体疲労の負荷をかけた。イミダペプチド成分の入らない同じ食事を与えた群との比較で、実験終了直後の疲労感で、イミダペプチド成分を摂取しなかった群では、した群の約1.5倍、実験終了4時間後には約2倍の差が出た。これにより、疲労予防のみならず、疲労回復力を高める効果があることが確認された。

 

また、有効成分であっても経口摂取で効果が出ない物質もあるが、イミダペプチドは、消化吸収過程において2つのアミノ酸に分解され、体中で再合成される。ヒトの場合、脳細胞、筋肉などの消耗の著しい部位に、イミダペプチド合成酵素が豊富に存在するため、酸素消費が多く発生する部位で、ピンポイント的にイミダペプチドが再合成されやすく、効果が発現しやすい。このため、抗酸化作用が他の抗酸化物質よりも優れる特徴を持つ。
(Wikipediaより)

 

疲労回復,イミダペプチド

人はなぜ疲れるの?

疲労って日々の生活の中で感じるものですよね。

 

肩こりや腰痛、頭痛や眠気などの身体的な疲れだけでなく、イライラやヤル気のなさなど精神的な疲れも「疲労」の一種です。

 

身体的な疲れと精神的な疲れ、実はどちらも活性酸素により傷つけられた細胞が「パフォーマンスが低下しているよ」と脳にシグナルを伝えている状態なのです。
つまり、どちらも同じ“疲労”なのです。

 

疲労がもたらす肉体的な弊害

全身の倦怠感
慢性的な頭痛や肩こり
体の冷え
生理不順  etc…

 

疲労がもたらす精神的な疾患

集中力、思考力、判断力の低下
意欲や気力の減退
些細なことへのイライラ  etc…

 

人間の「疲労」は、体内で発生した活性酸素による酸化ストレスが、細胞の機能を低下させる(ATP産生が低下する)ことに原因があると考えられています。
つまり“疲労”の原因の一つである活性酸素を除去し、酸化ストレス状態を抑えることができれば“疲労”は軽減されるはずです。

 

そこで着目されたのが「抗酸化物質」

 

抗酸化物質は、活性酸素を除去し、細胞を活性酸素から守り、疲労を軽減します。
中でも現在有望視されているのが、渡り鳥など長時間連続した運動を必要とする動物の骨格筋中に多く含まれる「イミダペプチド」です。

 

疲労回復,イミダペプチド

 

『イミダペプチド』には、活性酸素を除去する効果がある抗酸化成分であるということも今までの研究で分かってきました。

 

肉体疲労、精神疲労ともに細胞の酸化ストレスが深く関わっているなら、『イミダペプチド』はそのどちらにも効果があるといってもよいのかもしれません!

 

イミダペプチドを効果的に摂取する方法は?

イミダペプチドは、もともと人間の骨格筋や脳にも豊富に存在しているものです。
しかし、加齢とともに減少し、30歳から70歳にかけて体内濃度がピーク時の3分の1ほどに減少するといわれています。
そのため、食事などで外部から補うことが推奨されています。

 

イミダペプチドの疲労回復効果を十分に得るためには、1日200mg、2週間以上摂取する必要があると言われています。

疲労回復,イミダペプチド

 

イミダペプチドを多く含む食材

鶏の胸肉
鶏胸肉のおよそ100gにイミダペプチドが200mg含まれています。
おすすめの食べ方はスープで、30分ほど煮込めば、スープにイミダペプチドが抽出されます。
煮込んだスープも飲み干して食べるのがおすすめです。
そのほか、豚ロースや豚もも、カツオなどにも多く含まれています。

疲労回復,イミダペプチド

 

イミダペプチドのサプリメントを活用

鶏の胸肉ばかり2週間以上も食べ続けるのは辛いもの。
イミダペプチドが含まれる食べ物を定期的に摂ることが難しい場合は、高濃度のイミダペプチドを配合したイミダペプチド飲料やサプリメントを活用するというのもひとつの方法です。
ビタミンCなど他の抗酸化成分と一緒に摂ると、より効果が期待できます。

 

イミダペプチドの副作用はあるの?

イミダペプチドは、人の体の中にもともと豊富に存在する成分です。
ですから、そのイミダペプチドを補給するドリンクやサプリメントには、副作用の報告はありません。
イミダペプチドは鶏肉、豚肉、牛肉など馴染みのある食材に含まれており、特に鶏肉はこれまで人類史1300年以上に渡って、世界中で食べ続けられている食材です。
疲労回復,イミダペプチド

 

過剰摂取による弊害も今のところはないそうです。
健康な男女にイミダペプチド1200mg含有の飲料を4週間飲み続けてもらっても、有害な影響は認められませんでした。
疲労回復,イミダペプチド

 

しかし、一気に大量摂取したところで効果が上がるわけではなく、吸収しきれず排泄されるだけです。
一日の推奨量を、継続して摂る方がはるかに効果的ですね。

 

イミダペプチドはドリンクとカプセルの2種類

 

疲労回復,イミダペプチド 疲労回復,イミダペプチド

 

日本ではじめてイミダペプチドを製品化したのが、株式会社日本予防医薬。
この日本予防医薬から発売されているイミダペプチドには、ドリンクとソフトカプセルの2種類があります。

 

「イミダペプチドソフトカプセル」と「イミダペプチドドリンク」は、共に消費者庁が認可した疲労回復のための機能性表示食品です。

 

イミダペプチドを最も多く含む鶏の胸肉から抽出した、イミダペプチドを含有。

 

1日分のイミダペプチド配合量は、ソフトカプセル、ドリンクともに「200mg」と同じです。
また、お得なモニターキャンペーンの値段は10日分980円で同じ。
(このモニターキャンペーンは先着1000名となっているので、予告なく終了する可能性があります。)

 

本商品の値段もほぼ一緒ですので、ドリンクタイプかカプセルタイプか、好みの方を選ぶと良いでしょう。
980円でのお試しキャンペーンは本当にお得なので、一度試しておくことをオススメします♪

 

イミダペプチド

ソフトカプセル

イミダペプチド

ドリンク

【公式サイトへ】

【公式サイトへ】 

 

普通の栄養ドリンクとイミダペプチドの違い

一般的な栄養ドリンクは、眠気をさませ、気分を高揚させることで、疲労感をマヒさせる働きをします。
例えばカフェインには、糖や脂肪の分解を早める作用がありますので、眠気を覚まし、疲労感を弱める効果を持ちます。

 

コレに対してイミダペプチドドリンクは、細胞の酸化ストレスを除去することで疲労感の大元を除去する効果があります。

 

機械に例えると、歯車のサビをきれいにして動作をよくするのが「イミダペプチド」、
燃料を大量投入して、無理やり回転数をあげるのが一般的な栄養ドリンクと言えます。

 

酸化疲労と栄養不足の違いに要注意

同じように疲労感を感じていても、脳や筋肉の使い過ぎで体内の細胞が酸化する場合と、栄養が不足している場合とでは、必要なアプローチ違います。

 

脳や筋肉の使い過ぎの場合は十分な睡眠や森林浴などのリフレッシュで、回復を見込むことができます。
こういうった酸化による疲労は、イミダペプチドドリンクでの疲労回復にも大きな期待ができます。

 

しかし、無理なダイエットや偏った食生活による栄養不足の場合は、何よりもまずきちんとした食事が必要です。
人間が生きていくためには様々な栄養が必要な事は今更言うまでもないですね。
この栄養が根本的に不足している場合は、イミダペプチドなどを摂取しても解決にはなりません。
まずはきちっと食事をとりましょう。

 

「疲労」と感じたときに、その原因を考えて最適なアプローチを探すのも、疲労回復の近道なのです。

 

イミダペプチド

ソフトカプセル

イミダペプチド

ドリンク

【公式サイトへ】

【公式サイトへ】