コエンザイムQ10の疲労回復効果とは?そのサプリの選び方と活用法!

現代人の6割以上が日常的に『疲労』を感じているそうです。
疲れていては何もする気が起きず、仕事も趣味も能率が上がりませんよね。

 

コエンザイムQ10に疲労回復の効果はあるのでしょうか?
またサプリでは効果的な飲み方はあるのでしょうか?

 

コエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10とは、有酸素系でエネルギーを作り出すミトコンドリアの中に存在する補酵素です。
別名「ユビキノン」とも呼ばれますが、これは体内のあらゆる細胞の中に存在するミトコンドリアの中にあることから、「至る所にある」という意味のラテン語「ユビキタス」から来ています。
また、ビタミンと似た働きを持つことから「ビタミンQ」とも呼ばれることもあります。
しかし、体内で合成できる補酵素であるため、ビタミンとは明確に別物です。

 

 

人間のエネルギーを作り出すミトコンドリア

人間は数億個の細胞からなっていますが、その細胞が動くためのエネルギーはATPとよばれる物質です。
このATPをエネルギーとして人間は生きており、ATPは細胞の中のミトコンドリアによって産生されています。

 

ミトコンドリアは呼吸によって取り入れた酸素と、食事によって取り入れた脂質や糖質をエネルギー源としてATPを産生し、細胞に供給しています。
つまり、ミトコンドリアがATPを作ってくれなければ人間は動けないのです。

 

コエンザイムQ10がミトコンドリアのエネルギー源

コエンザイムQ10はミトコンドリアが酸素を燃やしてATPを作り出す働きに補酵素として密接に関わっており、コエンザイムQ10が豊富に存在すると、ATP産生の回路が活発化されて、エネルギーに溢れた快活な生活を送れるようになります。
しかし、コエンザイムQ10は加齢や食生活の乱れによって減少していき、それにともなってATP産生能力も低下していきます。

 

ミトコンドリアのATP産生能力が低下する要因のひとつが、活性酸素です。
細胞の中にあるミトコンドリアが、酸素を燃やしてATPを作り出す際に、活性酸素が発生します。
事実、生体の体内で発生する活性酸素のほとんどはミトコンドリアが作り出しています。

 

ミトコンドリアが作り出した活性酸素は、ミトコンドリア自身も傷つけてしまうのです。
ミトコンドリアが活性酸素で損傷することにより、ATPを産生する機能も衰えていきます。

 

これにより、ATP(=エネルギー)の産生量が減少し、慢性疲労が起こると考えられています。

 

コエンザイムQ10は、非常に高い抗酸化作用を持ち、ミトコンドリアが生み出す活性酸素からミトコンドリアを守る働きもしています。
また、同じく抗酸化作用を持つビタミンEの働きを助ける効果もあり、活性酸素からミトコンドリアを守るためには欠かせない成分です。

 

コエンザイムQ10の2つの役割
ミトコンドリアがATPを作るサポートをする

コエンザイムQ10,効果

ミトコンドリアを活性酸素から守る

コエンザイムQ10,効果

 

コエンザイムQ10サプリは「還元型」を選ぶべし

コエンザイムQ10には「酸化型」「還元型」の2種類があります。

 

酸化型コエンザイムQ10は「ユビキノン」と呼ばれ、還元型コエンザイムQ10は「ユビキノール」と呼ばれることもあります。

 

コエンザイムQ10は1957年にアメリカで発見され、その重要性からすぐにサプリメントが開発されました。
しかし、当時の技術では酸化型コエンザイムQ10しか作ることが出来ず、これは非常に吸収率が低いために効果がないとバッシングを受けました。

 

コエンザイムQ10は空気中では容易に酸化してしまうため、体内では「酸化型」として摂取されます。
体内に入った酸化型コエンザイムQ10は、体内酵素の作用によって酸化還元され、還元型コエンザイムQ10に返還されます。

 

コエンザイムQ10は、還元型になって初めて本来の役割をはたすことが出来ます。
生体組織中では、還元型の方が酸化型よりも多く存在し、ヒトの血清中では還元型の割合が85%を超えます。

 

酸化型とはつまり「既に酸化している」わけですから、活性酸素を除去する効果はありません。
還元型になることによってはじめて、活性酸素を除去する事が出来るのです。
コエンザイムQ10,効果

 

酸化型を還元型に変換する酵素も、加齢とともに減少するため、歳を取ってコエンザイムQ10が必要になるほど、酸化型コエンザイムQ10の吸収率は低くなっていきます。
このため、酸化型コエンザイムQ10のサプリは安価に製造できるものの、ほとんど効果は期待できないのです。

 

カネカなどの日本企業が長く研究を続けた結果、還元型コエンザイムQ10のサプリを開発することに成功し、最近ではいくつかの製品が販売されています。
コエンザイムQ10のサプリを選ぶ際は、必ず「還元型」を選ぶようにしましょう。

 

コエンザイムQ10は脂質と一緒に飲むべし

コエンザイムQ10が体内に吸収されずらいもう一つの理由が「脂溶性」であるということです。

 

脂溶性とは、脂質などの油に溶けやすいということであり、油と混ざらない水にはほとんど溶けません。

 

このため、サプリを水で流し込む飲み方ではほぼ吸収されないのです。

 

脂溶性の成分は、胃の中に脂質が多くある時に飲むと、脂質に溶けて一緒に吸収されてくれます。
事実、コエンザイムQ10のサプリメントも、脂質の多い食事を摂った直後に飲むと、吸収率が劇的に高まったというデータがあります。

 

加えて、食事の後ならば胃の中に食物がたくさんあるため、胃腸を通過するのに時間がかかります。
消化器の中をゆっくりと進んでいくことで、それだけ吸収される時間も長くなります。

 

空腹時にサプリだけ飲んでも、吸収される間もなく肛門に到達してしまうでしょう。

 

このため、コエンザイムQ10のサプリは肉、魚など油の多い食事を摂った直後に飲むのが最も効果的です。

 

ただ、油の多い食事が苦手という方も多いでしょう。
そういう場合には、あらかじめ油が配合してあるサプリを選ぶのが有効です。

 

クリルオイルや米ぬか油など、あらかじめ油に溶かしてジェル状にしてカプセルに封入してあるサプリでは、食事の内容を気にせずに飲むことが出来ます。
その場合でも、胃腸にとどまる時間を長くするために、食後に飲むのがオススメです。

 

オススメのコエンザイムQ10サプリ

ステラ漢方 ステラの贅沢CoQ10

コエンザイムQ10,効果

通常価格 8,597円(30粒入り)
定期購入価格 初回1,609円 2回目以降3,223円
種類 還元型コエンザイムQ10 100mg
プラスα成分 クリルオイル、ローヤルゼリー

ステラ漢方の『ステラの贅沢CoQ10』は、還元型コエンザイムQ10サプリの中では一番人気です。
初回分が1,609円という低価格に加えて、プラスα成分としてクリルオイル、ローヤルゼリーを配合することで吸収率を高めています。
コエンザイムQ10の1日に必要な量は100mgとされています。
ステラの贅沢CoQ10は2粒で100mg摂取することができます。

 

カネカ 還元型コエンザイムQ10

コエンザイムQ10,効果

通常価格 3,750円(30粒入り)
定期購入価格 3,210円
トライアル価格 500円(14粒入り)
プラスα成分 食用油脂

カネカは、1994年にカネボウより分離独立した総合化学メーカーです。
還元型コエンザイムQ10のサプリを最初に開発したメーカーでもあり、「還元型コエンザイムQ10」の原料生産は世界シェアトップを誇ります。
コエンザイムQ10を溶けやすくするために食用油脂が配合されていると記載されていますが、具体的に何かは不明です。

 

余計なものが無い分コストは安く、特に14日分トライアルが500円!という圧倒的なコストパフォーマンスが魅力です。