オルニチンサプリで肝臓をいたわる!疲労回復効果の作用とは?

オルニチン,サプリメント

 

誰もが一度は耳にしたことがある「オルニチン」

 

なんとなく酒飲みのためのサプリというイメージですが、オルニチンの具体的な効果とは何でしょうか?

 

また、疲労回復に役立つオルニチンサプリ選びの参考情報もお伝えします!

 

オルニチンとは?

オルニチンとは、人間が体内で合成するアミノ酸の一種。

 

体内で合成できるため、食事で摂取する必要のない非必須アミノ酸ですが、日頃から食べ過ぎ飲み過ぎ、激しい運動などをしている場合は必要量が非常に多くなるため、食事やサプリからの摂取も必須になります。

 

アミノ酸とは、タンパク質から分解されて筋肉などの身体の材料になるものというイメージですが、身体の材料になる「必須アミノ酸」の中にオルニチンは含まれていません。

 

オルニチンは身体の材料になるのではなく、体の中を動きながら様々な働きをする「遊離アミノ酸」に分類されています。

 

では、オルニチンの体内での働きとは?

 

それが、オルニチンサイクルの中核を担うことです。

 

疲労回復のキモ オルニチンサイクルとは

オルニチンサイクルとは、「尿素回路」とも呼ばれ、体内で発生する有害物質であるアンモニアを分解して、無害な尿素に変える回路の事です。

 

このオルニチンサイクルには、その名の通りオルニチンの存在が欠かせません。

 

アンモニアは、筋肉が激しく動いたときや、タンパク質を多く摂取した時に排出される代謝物質で、肝臓内のオルニチンサイクルによって分解されて尿素として排出されます。

 

オルニチンが不足することでオルニチンサイクルが上手く回らなくなると、アンモニアの分解が上手く行かず、肝臓の働きが低下してしまいます。

 

肝臓は、人体の中でも最も大きい臓器であり、その役割は1000以上にもなる超働き者の臓器です。

 

このため、肝臓の機能が低下すると、全身の様々な機能に不調が現れ、それが「疲労感」となって襲ってくるのです。

 

オルニチンは、肝臓の主要な役割のひとつである「アンモニア分解」をサポートすることで、肝臓の機能を活性化させて全身の疲労感を軽減する働きがあります。

 

オルニチン,サプリメント

なぜオルニチンは酒飲みに好まれるのか?

「オルニチン=酒飲みのサプリ」というイメージもあるほど、オルニチンはアルコール性疲労の軽減に効果が認められています。

 

人間がアルコールを摂取すると、それが分解される過程で「NADH」と呼ばれる物質が大量発生します。
このNADHは、肝臓の機能を低下させて糖新生やβ酸化を抑制する、つまり肝臓がエネルギーを作り出すことを妨害するのです。

 

人間のエネルギー源と言えば、糖質と脂質

 

糖質は分解されてグルコースとなった後に、グルコースが連結したグリコーゲンとして肝臓に蓄えられています。

 

「血糖値」という言葉は誰もが知っていると思いますが、この血糖値とは血中のグルコース濃度のことです。
グルコースは血液に乗って全身のエネルギーとして使われ、血液中のグルコースが減ったら肝臓のグリコーゲンが溶け出して血糖値を維持しているのです。

 

また、脂質は分解されると遊離脂肪酸として血液に溶け出していき、同じく全身でエネルギーとして消費されます。
この遊離脂肪酸をエネルギーに変える作用の一部がβ酸化と呼ばれる現象です。

 

これらの作用が妨害されるということは、全身がエネルギー不足になるということ。
お酒を飲んだ翌日の、あのどっとくるような疲労感の正体は、肝臓の機能低下によるエネルギー不足なんです。

 

このNADHは、アンモニアを分解するためのオルニチンサイクルで大量に消費されます。
オルニチンの働きでアンモニア解毒がスムーズに進むと、その過程でNADHも消費され、肝臓の働きを妨害する有害物質が次々に分解されて無害化されます。

 

このため、オルニチンサプリはお酒好きの方の強い味方になってくれるのです。

 

オルニチン,サプリメント

オルニチンがクルクミンと相乗効果?

オルニチンと並んで、お酒好きの強い味方となる成分といえば「クルクミン」

 

クルクミンという言葉は聞き慣れないかも知れませんが、「ウコン」の主成分であると言えば誰もがうなずくでしょう。

 

オルニチン,サプリメント

「二日酔い防止にはウコン」と言われる通り、クルクミンには肝臓や胆のうの働きを活性化させて二日酔いや悪酔いを防止する効果があります。

 

そもそもアルコール自体には毒性はありませんが、アルコールが体内で分解される過程で発生するアセトアルデヒドには強烈な毒性があります。
アセトアルデヒドの血中濃度が高くなることで、中毒症状としての悪酔いや二日酔いが発生するのです。

 

このアセトアルデヒドを分解するのは、胆のうから分泌される「胆汁」
クルクミンには、胆のうの働きを活性化させて胆汁の分泌を増やす作用があります。

 

協和発酵バイオが行った実験では、お酒に弱い「下戸」の被験者に、「クルクミンだけ」、「クルクミン+オルニチン」、「プラセボ」の3種類のカプセルを摂取させて、飲酒した後の睡眠と疲労に関する体感が調査されました。

 

その結果、クルクミンを単独で摂取した場合と比較して、オルニチンとクルクミンを組み合わせて摂取した場合に、飲酒翌朝の体感のほとんどの項目で、より強い改善効果が示されました。
特に 「目覚めの気分」 「起床時の疲れ」 「起床時のだるさ」 の項目で、プラセボを摂取した場合と比較して有意に改善されたと言うことです。

 

この結果から、オルニチンとクルクミンを組み合わせて摂取することで、飲酒翌朝の疲れの改善により効果があると考えられます。

 

オルニチンサプリのオススメは?

オルニチンのサプリは、現在では数多く発売されていますよね。

 

その中でもオススメは。八幡物産の「しじみの力」です。

 

 

創業40年の信頼と実績
TVでもよくCMをしており、「オルニチン=やわた」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

 

優れているのは知名度だけではなくて、もちろん中身も優秀です。
一回の摂取量5粒に、しじみ30個分の濃縮エキスを配合。
さらに、肝臓の機能をサポートするための酵素を多く含んだ肝臓エキスも300mg配合しています。

 

これらには、オルニチンだけでなくL-システインやビタミンなども多く配合されています。

 

十分な配合量もさることながら、何と言っても安い!
さすが大手です。

 

通常なら50粒で2,160円ですが、コチラから買うと50粒二箱で同じ値段の2,160円になります!

 

実質半額!
これは見逃せないキャンペーンです。

 

日頃からお酒好き、食べ過ぎ飲み過ぎの自覚がある方は、肝臓をいたわるためにぜひ試してみて下さい。

 

詳しくは公式サイトで♪

▼▼CLICK▼▼

やわたの「しじみの力」