ルテインとゼアキサンチンのオススメサプリは?その効果と違いについて

ルテイン,ゼアキサンチン,サプリメント

 

ルテインゼアキサンチンは、共に眼精疲労の回復、眼病予防に効果的な成分です。

 

でもルテインとゼアキサンチンってどう違うの?
具体的に何の効果があるの?
コスパの良い人気のサプリは?

 

など疑問も多いですよね。
こうした疑問に答えていこうと思います!

 

眼精疲労、疲れ目、老眼、視力低下、眼病などが気になる方は必見です!

 

ルテインとゼアキサンチンの違い

ルテインとゼアキサンチンは、共に人間の眼球の中に存在するカロテノイドの一種です。

 

カロテノイドとは、植物が合成する天然の色素で、600以上の種類があると言われています。
人間はカロテノイドを合成することは出来ませんが、植物を食べることでカロテノイドを摂取し、それを身体の中で役立てているのです。

 

人体の中でも、カロテノイドの量が多いのが「眼球」です。
眼球の構造をカメラで例えると、レンズに当たるのが水晶体、フィルムに当たるのが黄斑部です。

 

ルテイン,ゼアキサンチン,サプリメント

 

この黄斑部には、中心部にゼアキサンチン、周辺部にルテインが多く存在しています。
数あるカロテノイドの中でも、人間の眼球内に存在してるのはルテインとゼアキサンチンだけなのです。

 

つまり、ルテインとゼアキサンチンの違いとは、黄斑部の中で周辺部に多いか、中心部に多いかの違いであると言えます。

 

ちなみに、ルテインとゼアキサンチンの存在比率は5:1であると言われています。
周辺部の方が、面積が大きいからですね。

 

周辺部と中心部
黄斑部が正しく機能するためには、周辺部も大事、中心部も大事です。
つまり、ルテインとゼアキサンチンは、人間の眼の機能を維持するために、どちらも欠かせない成分なのです。

 

ルテインとゼアキサンチンの効果

眼の機能を維持するために欠かせないルテインとゼアキサンチンは、植物が合成するカロテノイドの一種です。

 

では、そもそもカロテノイドの役割とは何なのか?
それは、植物を「光から守る」事です。

 

ご存知の通り、植物は太陽の光を浴びて光合成を行っています。
しかし、太陽の光には、生物にとって有害な紫外線も含まれていますよね。

 

この紫外線などの強い光の害から、生体を守るのがカロテノイドの役割です。

 

人間はカロテノイドを合成できないので、植物を食べることでルテインやゼアキサンチンを摂取します。
それを眼の中に取り入れて、常に強い光にさらされている眼を光のダメージから守るのです。

 

ルテインとゼアキサンチンの抗酸化力

ルテインとゼアキサンチンの働きで、特に注目されるのが強い抗酸化作用です。

 

「目を光から守る」というのは、具体的には「強い光によって眼球内で発生した活性酸素を除去する」という事です。

 

太陽の紫外線や、スマホやPCなどから発せられるブルーライトなど、強い光が目に入ると、眼の中では大量の活性酸素が発生します。
活性酸素は、体内のあらゆる細胞と反応して酸化させてしまう力があり、活性酸素によって細胞が錆びる事で人間は老化していくのです。

 

眼は、人体で唯一体外に露出している臓器とも言われており、非常にデリケート
強い光を受け続けることで、活性酸素により次第に疲労、老化していくのです。

 

特に、カメラのフィルムにあたる黄斑部には、最も強い光が集中して当たり続けます。
このため、最も疲労が激しい部位であり、そこに集中的に存在してるのがルテインとゼアキサンチンなのです。

 

ルテイン,ゼアキサンチン,サプリメント

ルテインとゼアキサンチンはサプリで補給しよう

ルテインとゼアキサンチンは、人間の眼球内に元々存在する成分ですが、人間はこれらのカロテノイドを合成することは出来ません。

 

つまり、絶対に食事で摂取しつづける必要があるのです。
カロテノイドとは、植物が合成する色素ですから、「色の濃い野菜」に多く含まれています。

 

ルテインは、にんじん、ブロッコリー、かぼちゃ
ゼアキサンチンは、パプリカ、ほうれん草、マンゴー、パパイヤ

 

これらの食材に多く含まれています。
しかし、現代人は日常的にスマホなどのディスプレイを覗き込み、常に刺激の強い光にさらされています。
このため、ルテインの消費量も非常に多く、若くして老眼や視力低下、眼精疲労からくる肩こり、頭痛などに悩まされる人が増えています。

 

これらの症状を和らげるためには、サプリでのルテイン補給が大事。

 

2004年に発表された論文では、1日あたり10mgのルテイン、3mgのゼアキサンチンを摂取し続けることで、年齢によって増加する目の病気予防につながることが示されています。

 

しかし、ルテイン10mgというのは、ミニトマトなら666個、にんじんなら21本分に相当します。
これでは現実的ではありませんよね。
よって、ルテインやゼアキサンチンはサプリメントでの摂取が推奨されているのです。

 

最近では、眼科医でもルテイン・ゼアキサンチンサプリを推奨する方が増えているそうです。

 

ルテイン,ゼアキサンチン,サプリメント

ルテインサプリの選び方

ルテインの必要性は最近ではまずます知られるようになってきて、そのサプリメントも多く発売されています。
しかし、そのルテインには二つの種類があることを知っておきましょう。

 

一つは、体内に存在するのと同じ「フリー体ルテイン」
もう一つが、未精製の「ルテインエステル」です。

 

元々植物から抽出されるルテインは、脂肪酸と結合していて単体ではありません。
この脂肪酸と結合したルテインを「ルテインエステル」と良い、体内に入ると酵素の働きで脂肪酸と分離されてから吸収されます。

 

つまり、ルテインエステルを摂取しても、体内で分解する過程が一手間増えるのです。

 

それに対し、「フリー体ルテイン」は、精製によって脂肪酸が分離されたルテイン
体内で存在するのと同じ形であるため、分解の手間がかからず吸収率が非常に高いのがメリットです。

 

なお、このフリー体ルテインの精製方法は、アメリカのケミンヘルスという会社の特許製法であり、現在流通しているフリー体ルテインのほとんどは、ケミンヘルス社が供給しているものです。
このケミンヘルス社のフリー体ルテインは「フローラグロー」という商品名。

 

日本のルテインサプリでも「Flora GLO100%配合!」などと表記しているものは、ケミンヘルス社のフリー体ルテインを配合しているということです。

 

同じルテインサプリでも、その形状によって吸収率は圧倒的に違ってくるので、注意しましょう。

 

ルテインエステルは安価なので飛びつきたくなりますが、吸収率を含めた効果を考えるなら、フローラグロールテインのものを選ぶ方がオススメです。

 

コスパの良いルテイン・ゼアキサンチンサプリ比較

ルテインとゼアキサンチンは、共に目の疲れのケアには欠かせない成分で、サプリを選ぶなら「ルテインとゼアキサンチン両方」を配合しているものを選ぶべきでしょう。

 

また、配合量は
ルテイン10mg
ゼアキサンチン2mg

 

最低限でもこれくらいは無いと話になりません。
ルテインもゼアキサンチンも、過剰摂取による副作用は報告されておらず、沢山とっても排出されるだけですので、量が多いに越したことはありません。

 

それでは、ルテイン・ゼアキサンチンサプリの人気商品を比較してみましょう

 

商品名

配合量・価格

HBM

メニールテインゼア

ルテイン:32mg

ゼアキサンチン:3.2mg

90粒セット

8,910円

1か月分価格

2,970円

ひとみの専門店

朝のルテイン&プラセンタ

ルテイン:40mg

ゼアキサンチン:2.4mg

初回限定価格

3,920円

1か月分価格

8,467円

(継続すると更に割引)

メルリッツ

めなり

ルテイン:12mg

ゼアキサンチン:2.4mg

初回限定価格

907円

1ヶ月分価格

3,218円

(定期コース)

世田谷自然食品

ルテイン+ゼアキサンチン

ルテイン:10mg

ゼアキサンチン:2mg

単品価格

3,456円

1ヶ月分価格

2,980円

(3個定期)

メニールテインゼアが1番オススメ!

ルテイン・ゼアキサンチンサプリの人気商品を比較して見ると、配合量、価格のバランスが良い「メニールテインゼア」が一番オススメと言えそうです!

 

メニールテインゼアは、もちろんケミンヘルスのフローラグロー100%を使用した、高品質のルテインとゼアキサンチンを配合。

 

ルテインの配合量だけならひとみの専門店がトップですが、価格は倍以上になってしまいます。
わずか6mgの差ですから、やはりメニールテインゼアがコスパ最強だと思います。

 

・20代以上で目の疲れを感じている
・PCやスマホ、テレビやゲームをする時間が長い
・新聞や本など細かい文字ををよく読む
・車の運転が好き
・ルテイン&ブルーベリーサプリメントを探している

 

こんな方は、ぜひ試してみて下さい!