乳酸菌酵母共棲培養エキスで免疫力と回復力を高める!

乳酸菌酵母共棲培養エキス

生活習慣病やガンなどの病気。
加齢による体の衰えなどに不安を抱える方に乳酸菌酵母共棲培養エキス『プシュケー』が売れています。
乳酸菌と酵母菌の関係、その共棲培養エキスがなぜ免疫力を高めてくれるのか?
健康意識の高い方には必ず見てほしい情報です!

乳酸菌酵母共棲培養エキス

 

免疫力の7割は腸で作られる!

私たちは当たり前のように、病気になると薬を飲みますが、実は『病気を治す薬』というのは非常に限られています。
では、薬の役割ってなんでしょうか?

 

薬の役割は、人間の免疫力を高めることです。

 

薬が病気を治しくてくれるのではないのです。

 

病気を治すのは、人間の免疫力です。
薬はそのお手伝いをするだけです。

 

ならば、最初から免疫力が高い人は病気になりにくいし、病気になっても治りやすいのでは?

 

そのとおりです。
だから、普段から免疫力を高める習慣が推奨されているのです。

 

では、人間の免疫力ってどうやって作られるのでしょうか?

 

実は、人間の免疫力の7割は"腸"から来ているのです。

 

腸は外側とつながっている

御存知の通り、腸は内臓ですから、体の中にあるものです。
しかし、腸は実は体の外側とつながっている臓器でもあるのです。

 

考えてみてください。
私達が食べたもの、口に入れたものは、食道を通って胃で消化され、腸で吸収されて、排泄物となって肛門から出ていきます。

 

口から入ったものを吸収するのは腸です。

 

口から入るのは有益な栄養だけでなく、有害なものも含まれています。
それらを全て腸で吸収するわけですから、腸にはとても強い免疫力がなければならないのです。

 

腸内細菌が免疫力の決め手

腸内で栄養の吸収、有害物質の排除を助けてくれるのが腸内細菌です。
腸内には100種類100兆個の細菌が住んでいると言われており、この細菌たちが腸に入ってきた様々な物質を分解しているのです。

 

そして知っての通り、この腸内細菌には善玉菌と悪玉菌がいます。

 

善玉菌は腸内を 酸性にし、外からの有害な菌をやっつけてくれたり、免疫力を高めてくれる細菌、例えば乳酸菌やビフィズス菌などがあります。

 

一方、悪玉菌は腸内を腐敗させたり、発がん物質や 有害物質を 作り出して下痢や便秘を引き起こす、大腸菌やブドウ球菌 などがあります。

 

免疫力を高め、健康を維持するためには、善玉菌を増やすことが必須条件なのです。

 

乳酸菌酵母共棲培養エキス

 

健康の基本は悪玉菌を駆逐し腸内を浄化して、善玉菌を活性化することにあります。
腸がきれいになると血液がきれいになり、血液がきれいになれば、色々な栄養素が全身の器官や細胞のすみずみまで行き渡り、活力を与え、若返らせることができるのです。

 

善玉菌とは乳酸菌と酵母菌である

腸内環境を良くする善玉菌といえば、乳酸菌が有名ですが、それと同じくらい重要なのが”酵母菌”です。
100種類の腸内細菌のうち、善玉菌と呼ばれるのは16種類の乳酸菌と、24種類の酵母菌の40種類のことなのです。

 

乳酸菌酵母共棲培養エキス

 

酵母菌は、乳酸菌と同じく腸内に住み、腸内で糖類の消化吸収を助け、腸のぜん動運動も活発にします。
酵母菌が糖を分解するさいに生成する炭酸ガスにより、他の多くの微生物は存在できなくなります。
こういった特性から悪玉菌の抑制に使用されいます。

 

また、酵母菌の生成するアルコール・有機酸・二酸化炭素などは、免疫力の活性化に注目されている発酵食品に多く使われています。
酵母菌は大腸の他にもリンパ管の多い小腸にも働きかけるため、こういった理由からも免疫に対しての効果が高いとされています。

 

パンやお酒、その他の発酵食品は酵母菌によって作られますが、発酵食品が健康に良いとされるのは、この酵母菌の力が大きいのですね。

 

乳酸菌と酵母菌の共棲関係

腸内環境を改善する乳酸菌と酵母菌ですが、この2つは共に助け合う共棲関係にあることでも知られています。

 

乳酸菌は酵母菌の成長をうながす乳酸を生成し、成長した酵母菌は乳酸菌を増やすためのエサとなります。
乳酸菌の分泌物を使って酵母は繁殖し、その酵母の分泌物を使って乳酸菌が繁殖するのです。

 

乳酸菌をはじめとする善玉菌は、増殖することにより効果を発揮するため、お互いを成長させる乳酸菌と酵母菌は共棲関係といえます。

 

 

乳酸菌と酵母菌を増やす『乳酸菌酵母共棲培養エキス』

乳酸菌は胃酸で死滅して腸まで届かないって本当?

乳酸菌が腸にいいことは広く知られているため、世の中には生きた乳酸菌を配合した健康食品がたくさんあります。
ヨーグルトがその代表格ですね。

 

しかし『食品に含まれる乳酸菌は胃酸でほとんど死滅するから、生きた乳酸菌は腸に届かない』という意見もよく聞きますよね。

 

残念ながら、これは本当です。

 

胃酸は非常に強烈なため、口から入った菌はほとんど死滅してしまします。
また、わずかに生き残って腸まで届いた乳酸菌も、腸の常在菌とは違うため、すぐに排泄されてしまうと言われています。

 

しかし、だからといって乳酸菌食品が全く無意味というわけではありません。
胃酸で死んだ乳酸菌の死骸も、腸内にいる乳酸菌が増えるためのエサとなるからです。

 

ですから、乳酸菌食品を日常的に食べることは、健康にとってとても良いことだと言えます。

 

ヨーグルトを一日10kg…

ヨーグルトは健康に良いと書きましたが、加齢などによって乳酸菌が減ってしまっている方、
既に病気の兆候があり、免疫力を高めて行きたい方にとっては、それはのんびり過ぎるやり方かも知れません。

 

一般的に腸内環境を改善するには、1日に200〜500億匹の乳酸菌が必要と言われています。
500億匹というとヨーグルト約500g分に相当します。

 

よくスーパーで売っている大きいヨーグルトのパックが450gなので、あの大きいパックを毎日1つ食べればいいという事になります。
朝と夜で半分づつ食べるとしても、あの大きいパックを一日で食べるというのは結構大変ですし、金額的にもかなり嵩んでしまいます。

 

さらに病気が改善ほど免疫力を高めるには、どれだけ乳酸菌を摂る必要があるか?

 

腸内環境が良くなって、免疫力が上がるレベルまでとなると、乳酸菌が1兆匹必要だという説があります。
しかも毎日です。
大きいヨーグルトのパック1つで乳酸菌が500億匹なので、1兆匹ならその20倍になります。

 

つまり、免疫力を上げようと思うと、毎日大きいヨーグルトのパックを20箱、約10s近く食べないといけないことになってしまうんです。
これは現実的ではありませんね。

 

乳酸菌酵母共棲培養エキス『プシュケー』は分泌物を補給する

生きた乳酸菌を口から摂取しても、腸に届く前に死んでしまうという事を書きました。
では、腸内の乳酸菌や酵母菌を効率的に増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

 

少し前に書いたことを思い出してください。
乳酸菌がつくる乳酸で酵母菌は成長し、酵母菌がつくる分泌物で乳酸菌は成長するのです。

 

つまり、乳酸菌や酵母菌を増やすのはそれぞれの分泌物であって、必ずしも生きた菌を補給する必要はないのです。

 

生きた菌を補給するのではなく、それぞれの菌に必要な分泌物を補給する。

 

これなら、胃酸で菌が死んでしまうとか、常在菌じゃないから排泄されてしまうなどという心配はなく、腸内に常在する善玉菌を効果的に増やすことができるのです。

 

そのために開発されたのが、ミリオン株式会社の乳酸菌酵母共棲培養エキス『プシュケー』です。

 

乳酸菌酵母共棲培養エキス

プシュケーが注目したのは、「善玉菌を取り入れる」という発想ではなく、「善玉菌に栄養を与える」という発想。
プシュケーは、16種類の乳酸菌と24種の酵母からの分泌液の濃縮エキスです。
だから胃酸で破壊されたり腸内の温度や環境に影響されることがありません。
プシュケーは、16種の乳酸菌と24種の酵母に、ニンニクの栄養主成分であり、 臭いの心配がまったく要らないサチヴァミン複合体(学術名)を 加えて、共棲培養しています。
そうすることによって栄養分が豊富になるだけでなく、有益菌がパワーアップするのです。

 

分泌物はそもそも生き物ではありませんから、胃酸で死ぬなどと言うことはありません。
また、自身の腸内にもともと棲みついてる菌に栄養を与えて増やすわけですから、定着せずに排泄されてしまうという事もないのです。

 

乳酸菌酵母共棲培養エキス

 

腸に届いた分泌物は自前の乳酸菌や酵母の栄養となり、善玉菌が増えていくというわけです。
善玉菌が増えればさらに分泌物も増えますから、これで悪玉菌優位の悪循環から善玉菌優位の善循環に転向できるわけです。

 

自分の体の中の善玉菌を応援して、これを増やす。
これが、腸内バランスや免疫力にとって、最も大事なことなのです。

 

プシュケーは健康食品としては高額ですが、売れ続けているのにはこういう訳があるんですね。

 

乳酸菌酵母共棲培養エキス

 

プシュケーの原料・成分

乳酸菌酵母共棲培養エキス、無臭ニンニクエキス(サチヴァミン複合体)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、 ビタミンC有機酸、グリシン、アラニン、メチオニンオリゴ糖、カラメル、グリセリンエステル