活性酸素の種類

活性酸素,除去

活性酸素と一口に言っても、その種類は多々あります。
コレステロールなどと同じように、身体にいい影響を及ぼす善玉活性酸素と、悪玉活性酸素もあるのです。
ここでは、代表的な活性酸素を紹介します。

 

スーパーオキシド

スーパーオキシド(SOD)は、もっとも一般的な活性酸素です。
日常的に体内で発生しており、細胞内のミトコンドリアでエネルギーを生産する際につくられます。

 

発生量が多く大量に発生しますが、もともと人間の体内にはスーパーオキシドを分解するいくつかの酵素があるので、スーパーオキシドの存在自体はそこまで心配する必要はないと言えます。

 

また、体内に細菌やウイルスが侵入したときにも大量に作られ、細菌やウイルスを攻撃するのにも使われます。
このため、善玉活性酸素とも呼ばれています。

 

スーパーオキシドは体内で一番はじめに作られる活性酸素ですが、これが化学反応によって過酸化水素になり、
過酸化水素が化学反応によってヒドロキシラジカルなどの悪玉活性酸素に変化していきます。

 

細菌を攻撃してくれるのは助かるのですが、余ったSODが悪玉活性酸素に変化してしまうのは厄介です。
このために、スーパーオキシドの段階である程度除去する必要があるのです。
SODは体内で常に作られているため、”除去しすぎる”ということはあり得ません。

 

人間の体内にはスーパーオキシドを分解してくれるSOD酵素を作り出す機能が備わっていますので、通常はこのSOD酵素によって分解されてしまいます。
しかし、様々な原因でSOD酵素がよわくなってしまったり、分解が追いつかないほどSODが発生すると大変です。
悪玉のヒドロキシラジカルを作り出してしまい、細胞の老化や病気を引き起こすのです。

 

老化や病期の予防には、スーパーオキシド(SOD)の段階で除去することが大切なのです。

 

 

ヒドロキラジカル

代表的な悪玉活性酸素です。
とても強い酸化力を持ち、人間の体内の脂質、タンパク質、糖質、核酸などを酸化させていきます。
それによって、細胞器官や細胞膜、DNAが破壊され、やがては老化や病気に繋がるのです。
悪性の強い活性酸素の代表格といえますね。

 

過酸化水素

過酸化水素は人間の体内に必要な物質であり、過酸化水素自体は安定した物質ですが、
上記のヒドロキシラジカルに変化してしまうこともあります。善玉にも悪玉にも成りえる活性酸素といったところです。

 

一重項酸素

一重項酸素は、肌が紫外線をうけた際に発生する活性酸素です。
ヒドロキシラジカルと似た声質を持ち、強い酸化力でコラーゲンやエラスチンなど皮膚の若さを保つタンパク質を破壊するため、お肌の天敵とも言えます。